自分の債権を知る方法

人に貸したお金を返してもらいたいという場合は、いくら貸したのかを明らかにしておく必要があります。貸した金額がわずかであれば、口約束でもうまくやりとりが出来る可能性が高いですが、金額が大きい、あるいは複数回貸すという場合は、はっきりとした証拠を残しておかないと、後でトラブルになった時に回収出来なくなる恐れがあります。
というのは、返済してもらえないので裁判をしたいとなっても、お金を貸した証明が出来ないということであれば、債務者が否認してしまうと、原告、つまり債権者に返済しろという判決が出される可能性が低くなってしまうからです。
また、これも重要ですが、返済があれば、それも記録に残しておくことが大事です。そうしないと、現在の正確な債権額がわからなくなってしまいます。
では、お金を貸したこと、あるいは現在の債権額などをどのような形で記録に残しておくのがいいのかというと、手帳やノートに書くということでも証明になります。この際、貸した相手の名前、貸した日時、貸した額などを書いておくようにしましょう。勿論、貸した相手の署名などをもらっておくと更に確実な証明に出来ますが、相手のサインがないと裁判では意味がないということはありません。

コメントは受け付けていません。