司法手続きの効力

債権者は裁判所に対して債務者の財産の差し押さえなどを申し立てることが出来ます。その司法手続きには担保権の実行と強制執行などがあります。
担保権の実行とは、債権者が債務者の不動産や動産に設定されている担保権を有している場合、実行して債権を回収することです。この場合には債務名義は必要としません。登記簿謄本などがあれば手続きを開始することができます。
強制執行とは、裁判において債権の回収の件で勝訴あるいは和解が成立したにも関わらず、債務者がお金を支払わない場合は裁判所が強制的に債権の回収を行うことです。この方法には判決などの債務名義が必要となります。
担保権の実行と強制執行は債務名義が必要か否かの違いのみで、それ以外は裁判所に申し立てるなど同様の手続きとなります。
またそれぞれの手続きはさらに不動産執行手続きと債権執行手続きなどに分かれています。
不動産執行手続きとは裁判所に不動産差し押さえの申し立てを書面で行い認められれば実行されます。その後不動産が裁判所によって売却され、売却代金から債権者に対して配当が支払われます。
債権執行手続きとは債務者の給料や銀行預金を差し押さえることを言います。不動産執行手続きと同様に裁判所に申請をして認められれば差し押さえを実行出来ます。その後自ら取り立てるかもしくは裁判所から配当が行われます。

コメントは受け付けていません。