支払督促から強制執行まで

貸したお金を返さない、有料サービスを受けたのに代金を支払わないという相手には、法的手続きを取って回収するのが一番いい方法です。というのは、法的手続きを取れば最終的に強制執行することが出来るからです。個人的に相手の家に行ってお金を返してほしいと言っても、お金がないと言われてしまったらそこでおしまいです。しかし、強制執行であれば、銀行口座や給料の差し押さえが出来るので、お金を持っているのに隠すということが出来ません。
では、差し押さえをするためにはまずどうすればいいのかというと、あまり手間やお金をかけたくないという場合は支払督促を送るといいでしょう。もし、相手にまったくお金を返す意思がないという場合、督促を送られても無視する可能性が高いです。無視されたら、仮執行宣言付きの督促を送ります。最初の督促を無視するような人であれば、仮執行宣言付きの督促も無視するでしょう。すると、この段階で裁判を起こさなくても差し押さえを出来るようになるのです。
差し押さえをする場合は、督促を送る時と同様に裁判所に申し立てを行う必要があります。相手の銀行口座や勤務先は裁判所は調べてくれないので、債権者が弁護士などを使って自分で調べる必要があります。

コメントは受け付けていません。