債務承認兼支払約束の覚書

取引先からの返済が遅れがちになったからといって、双方に長年かけて築き上げてきた関係があったり取引先に止むを得ない状況があった場合にいきなり法的な回収手段を取ることは少ないのではないでしょうか。それよりは、債務者と交渉して一定の期間的猶予を与えたり支払条件を緩和する等で債務者からの支払いに期待するケースの方が多いと思います。ただ、債権者としては漫然と支払いを待っているだけでは危険ですので、債務者が支払い不能になってしまった状況を想定し債務の強化を図る必要があります。強化策としては、債務承認と支払いの約束を書面で取り交わす、担保を取っておく等が考えられます。ここで言う書面を覚書と言い、取り交わす意味は以下の通りです。仮に債権の支払い条件を緩和した場合、時間の経過により債務者が緩和した条件と異なることを言ってくる可能性があります。そのような状況を避けるために債務の存在の確認と支払いの約束の事実を書面で証拠として残すのです。次に書面を取り交わした日時で、時効は中断されるので事項の進行が元に戻ります。また、支払い猶予をしても債務の全てが有効である事を再度約束してもらえます。そして、継続的に発生した債務がある場合にはその全てを取り纏めて一つの債権として捉え、全ての債権の支払いを約束してもらえます。いずれにしても良好な関係を維持しながら、債権者としての権利の保全は図らなければなりません。

コメントは受け付けていません。