債権強化のための担保

債権者が債務者に対してやっておかなければいけないことは、その債権の確実性を維持した上で融資などの行為を行うことです。長年の取引があるからと言って、無条件に融資を行ったりすると最終的に回収ができなくなり債権者にも大きな負担がかかることになってしまいます。また、このような債務者は金融y機関などからも既に融資を受けている場合が多く、その際に土地や住居などは抵当に入ってしまっていることが多いため回収できるものが何もなくなってしまうことも少なくありません。その為、金銭の貸し借りを行う際には、債権の強化を行い、最悪の場合に備える必要があります。
この債権の強化として良く利用されるのが、相手の商取引における将来の収入を抑える方法です。すなわち、債務者の売掛債権を担保にすることで、将来的な債務不履行に備えるのです。
金融機関などでは不動産など安全で確実なものを抵当に抑えることは積極的に行う傾向にありますが、売掛債権などの不安定なものを抵当に抑えるという事は原則的に行いません。その為、売掛債権を抑えることは非常に重要であり、また相手に対する抑止力にもなります。
さらに、売掛債権を確実に取得するためには、債権の債務名義を取得しておくことと、返済期限を延長する場合などは期限の利益喪失を取り交わしておくことも非常に重要です。

コメントは受け付けていません。