金銭債権執行の手順について

債権執行を行う必要のある方が存在していますが、大きく分けると3つの種類に分類することができます。有名なものでは不動産の債権執行、動産の債権執行、そして金銭の債務執行になります。この中でもお金に関することについては、その手順として債務者の居住している地域を管轄している地方裁判所に出向いて申立てを行うことが原則になります。債務者の居場所が判断できない状態であれば、債権者の希望する場所の地方裁判所でも可能とされています。その後は債務者の正式な特定と、債権の内容の詳細を明らかにすることが必要とされており、全てを書面に残すことになります。裁判所にて認定された場合では、通常では債務者に通告されることになります。陳述催告の申し立てを行った後に、債務者側の判断次第では、いわゆる差し押さえが行われることになります。差し押さえに関しては裁判所からの命令によって実施されることになり、一般的には強制力を持っていることになります。実際の取り立てに関しては第三債務者が対応することになり、供託をした場合では、裁判所によって配当が実施されることが一連の流れになります。お金に関するトラブルに関しては、個人間では上手に機能しないことが多々ありますが、裁判所を通すことによって、スムーズに取り立てを実施することができます。

コメントは受け付けていません。